つれ さか - [B! サッカー] つれさか

さか つれ 【海外の反応】イラン紙が森保ジャパンに最大級の賛辞「最も権威あるチーム」。自国の戦いぶりには落胆

[B! サッカー] つれさか

さか つれ 【海外の反応】イラン紙が森保ジャパンに最大級の賛辞「最も権威あるチーム」。自国の戦いぶりには落胆

【海外の反応】イラン紙が森保ジャパンに最大級の賛辞「最も権威あるチーム」。自国の戦いぶりには落胆

さか つれ つれさか

さか つれ [B! サッカー]

さか つれ 【海外の反応】「帰ってきた大迫!」「イランを瀕死状態に…」海外メディアが森保ジャパンに軒並み高評価

【海外の反応】イラン紙が森保ジャパンに最大級の賛辞「最も権威あるチーム」。自国の戦いぶりには落胆

さか つれ [B! サッカー]

[B! サッカー] つれさか

さか つれ 【海外の反応】イラン紙が森保ジャパンに最大級の賛辞「最も権威あるチーム」。自国の戦いぶりには落胆

[B! サッカー] つれさか

さか つれ [B! サッカー]

さか つれ 【海外の反応】イラン紙が森保ジャパンに最大級の賛辞「最も権威あるチーム」。自国の戦いぶりには落胆

つれさか

さか つれ 【海外の反応】「帰ってきた大迫!」「イランを瀕死状態に…」海外メディアが森保ジャパンに軒並み高評価

【海外の反応】「帰ってきた大迫!」「イランを瀕死状態に…」海外メディアが森保ジャパンに軒並み高評価

権田は「22分にミスを犯したが、アズムンに対して良い反射を見せた。

  • 「帰ってきた大迫!」とシンプルにエースの活躍を記した。

  • 先発の11人中7人が「8」以上と、軒並み高評価が与えている。

  • 最高点は「9」で、復活の2ゴールをマークした大迫が獲得。

ライン際でボールを取ると、中へクロスを送り、これに大迫勇也がヘッド。

  • 『FOXスポーツ』アジア版がイラン戦に出場した選手を採点。

  • 日本が待望の先取点を奪った。

  • 次点には「8. その間に日本がゴールを奪った。

イランメディアは、43年ぶりのアジア制覇への夢が潰えたことに落胆の色を見せた一方で、日本の戦いぶりには称賛の言葉を送った。

  • しかし、56分に小さな衝突により、何人かのイラン選手が審判に不満を唱えていた。

  • FIFAランキングでアジア最高位(29位)に位置するイランと、ロシアW杯でアジア勢唯一のベスト16入りを果たした日本の一戦は、序盤からハイレベルな戦いが繰り広げられた。

  • 終了間際には原口元気のダメ押しゴールもあり、終わってみれば3-0と日本が力の差を見せつけた。

『FOXスポーツ』のアジア版は「日本の3ゴールが最後はイランを瀕死の状態にした」とし、同試合の採点を10点満点で発表。

  • そしてイランのストライカーをイライラさせた」と、いずれも「8」を与えている。

  • 「チームは43年ぶりの優勝を果たし、すべてのイラン人の夢を実現したいと思っていた。

  • すべてにおいて日本が勝っていたことは明白だ」と、力の差は歴然だったと述べた。

イランにとっては致命的なミスで失ったゴールだった」 さらに同紙は「その後、イランの攻撃は激しくなり得点の匂いもしたが、数分後にはPKとなり、ゴールを決められた。

  • 編集部のおすすめ• また、後半にはジャハンバフシュのFKをセーブした」と、無失点を称えた。

  • これによりイランの仕事は非常に困難になった。

  • 5」で3得点に絡んだ南野拓実と、クリーンシートを達成した権田修一が並んだ。

その他にも強力な攻撃陣をシャットアウトした守備陣にも称賛の言葉が並んだ。

  • 。

  • 「4度の優勝を誇る日本は、アジアカップにおいて最も権威のあるチームと考えられる。

  • スコアレスで迎えた後半に、大迫のヘッドで日本が先制すると、直後にも大迫がPKで加点。

編集部のおすすめ• イランの複数選手は、倒れた南野拓実のシミュレーションを訴えるなかで、南野はすぐさま起き上がってチェイス。

  • 主将の吉田麻也には「アズムンをターゲットにしたロングボールを多用するイランの戦術において、吉田は上手く対処していた」とし、相棒の冨安健洋については「アズムンをマークする厳しいタスクを担った。

  • 『FOXスポーツ』アジア版の選手採点は以下の通り。

  • 5試合ぶりの先発出場で2ゴールを挙げた大迫勇也が最高点を獲得した。

そして日本は最後の数分間で追加点を決め、3-0で勝利した」と、敗因を述べた。

  • GK 権田修一:8. 日本代表は28日に行われたアジアカップ2019・準決勝でイラン代表を3-0で下し、2大会ぶり5度目のアジア制覇に王手をかけた。

  • アジアカップ2019は28日に準決勝が行われ、日本代表がイラン代表に3-0で勝利した。

  • 南野については「イランのDFは南野に警告を与えるためにプレーを止めたが、彼は前にボールを追い続け、良いクロスでアシストした」と先制点のシーンを評価。

    関連記事



2021 finnegantherapy.com