今日 の 臨床 サポート - 今日の診療

の サポート 今日 臨床 今日の診療

の サポート 今日 臨床 今日の臨床サポート

今日の診療

の サポート 今日 臨床 コンテンツ一覧

の サポート 今日 臨床 ご導入施設

コンテンツ一覧

の サポート 今日 臨床 今日の診療

今日の臨床サポート

の サポート 今日 臨床 今日の臨床サポート

ご導入施設

の サポート 今日 臨床 今日の診療

コンテンツ一覧

の サポート 今日 臨床 今日の診療

今日の臨床サポート

の サポート 今日 臨床 ご導入施設

の サポート 今日 臨床 ご導入施設

日常業務のうち、特に慌ただしいERでは主に "今日の臨床サポート" を利用し、病棟では海外の電子教科書でじっくりと調べ物をしていくことが多いです。

  • 院外からのリモートアクセスも可能です。

  • また、ローテートしてくれる研修医には、当コンテンツを用い、疾患の基礎知識の網羅に加えて具体的な処方や検査の組み立て方まで踏み込んで勉強してもらっております。

  • 病院フルアクセスプラン インターネットを利用したWeb環境でも、施設のLAN イントラネット 環境でも制限なくご利用いただける病院向けプランとなります。

日本のガイドラインに基づいて執筆された,日本語のコンテンツです。

  • 収載コンテンツ• ご契約ライセンス数によっては、全てをお使いいただけない場合があります。

  • ご利用に際しては「今日の診療 病院フルアクセスプラン利用規約」の遵守が必要です。

  • WEB版 インターネットを利用したWeb環境でご利用いただけます。

詳しいプランの内容やご利用料金は、資料をダウンロードしてご確認ください。

  • 患者の満足度向上に貢献。

  • 私が昔経験した症例では・・・」指導医の先生との距離がぐっと縮まり、学ぶこと、得られる笑顔が100倍増えること請け合いです!大好きな"今日の臨床サポート"とともに、立派な医師を目指したいです。

  • そして記載と異なる点や分からない点をカンファランスや回診で質問します。

当院では海外の電子教科書を施設契約しているのですが、日常臨床で短時間にリファレンスとして使うには情報が多すぎたり、トピックが枝分かれしすぎていることがあります。

  • 1,300以上の疾患・症状と評価・治療例 *各診療科の専門医1,000名以上の経験と根拠に基づいたオリジナルコンテンツ• 手術等のKコードなどは、診断書を書いている時、正確な番号が分からない事が多いです。

  • 最新の保険点数情報 利用環境• ユニークな使い方としては、特徴的な画像所見から疾患を類推するというクイズ(Snap diagnosis)を通して後輩と供に学習することができる。

  • プラン紹介 ご利用される環境に応じて3つのプランをご用意しています。

各製品名は、各社の商標、または登録商標です。

  • 18,000の薬剤情報(添付文書付) *薬剤情報は毎月更新• また、各認証を選択いただくことが可能です 例:イントラネットのみで利用。

  • また、インターネット環境上の端末では、病院のグローバルIPアドレスを認証します。

  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248. とても多く利用しています。

そのような時には直ぐに"今日の臨床サポート"を立ち上げ、右の端にある「診療報酬点数」からKコードなどを調べて診断書の所定の欄に記入すれば、時間も掛からず、正確な診断書作成をすることができます。

  • また、特徴的な検査所見(身体所見、画像など)があり、診断の一助となった。

  • アクセス 提供元 エルゼビア・ジャパン株式会社. 医師側の価値のある点は、ワンクリックで疾患の概要を掴めるため、一時的に忘れていた知識の補充ができ、有用であった。

  • アクセスの集中が予想される場合は、より高速・大容量メモリ搭載のものをご用意ください。

私は大学病院で勤務しているので、まずポリクリ学生に対しては担当症例の該当ページを閲覧・予習してもらいます。

  • 知識を共有するだけでなく、クイズという形でコミュニケーションを図るツールとしても価値があると考える。

  • その際、国試で出そうなポイントを中心に解説しつつも、実臨床の現場で大事な知識も付け加えていくことで、より実地を意識した知識の定着を図っています。

  • 院内の他科ドクターに自科の疾患を理解していただきたい場合や自身が他科の疾患を学ぶ際にも、当コンテンツを参照することで英語のデータベースよりも短時間で疾患の概略と最新の情報を把握できるため、非常に重宝しています。

その点、"今日の臨床サポート" はトピックの層別化が適切で、特に救急の現場で使いやすいと感じます。

  • 診断アルゴリズムチャート• すると思いもかけない言葉がたくさん返ってきます。

  • 私が後輩研修医の皆さんに是非伝えたいオススメの活用法を一つご紹介したいと思います。

  • 病院フルアクセスプランの料金は病床規模ごとに分かれており,契約期間中は何度ご利用いただいても料金は一定となります。




2021 finnegantherapy.com