伊勢 物語 芥川 品詞 分解 - 高1 伊勢物語『芥川』 高校生 古文のノート

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 高1 伊勢物語『芥川』

伊勢物語006)芥川

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 高1 伊勢物語〜芥川〜

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 伊勢物語081)塩竃

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 国語(系)のテスト対策

❄️古文 伊勢物語「芥川」品詞分解と現代語訳♪

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 伊勢物語の芥川の文を品詞分解してほしいです。あと、品詞の意味をおしえてほしいで

【品詞分解・解説】芥川(『伊勢物語』より)

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』解説・品詞分解

芥川・伊勢物語 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』解説・品詞分解

国語(系)のテスト対策

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 伊勢物語の芥川の文を品詞分解してほしいです。あと、品詞の意味をおしえてほしいで

芥川 品詞 分解

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 高1 伊勢物語〜芥川〜

分解 伊勢 品詞 物語 芥川 【品詞分解・解説】芥川(『伊勢物語』より)

直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「来(き)」と読む。

  • 意味や解説、類語。

  • 」なんですが、特に後半はどこが区切りなのかも分かりません。

  • ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 昔、ある男がいた。

鬼は早くも一口で(女を)食ってしまった。

  • 」となむ男に問ひける。

  • やうやう夜も明けゆくに、見れば率て 来し女もなし。

  • ということは、「経」は連用形。

係り結び 「あれは何ですか。

  • やうやう=副詞、だんだん、しだいに 見れ=マ行上一動詞「見る」の已然形。

  • しかしながら、帝の治める日本六十ケ国の中でも塩竃という場所に似た場所はどこにもなかった。

  • これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、 これは、二条の后が、いとこの女御のお側に、 仕うまつるやうにてゐたまへりけるを、 お仕えするようにしておいでになっていたが、 かたちのいとめでたくおはしければ、 容貌がたいそうすぐれていらっしゃったので、 盗みて負ひて出でたりけるを、御兄堀河の大臣、太郎国経の大納言、 盗んで背負って出て行ったのだが、兄君の堀河の大臣、長男の国経の大納言が、 まだ下? ラ行四段。

現代日本語訳 伊勢物語006 芥川 その昔、男が一人いた。

  • ~けれども かひなし =ク活用の形容詞「甲斐なし(かひなし)」の終止形、どうしようもない、効果がない、むだだ 足ずりをして泣けども、かひなし。

  • ・男から女へのプロポーズ。

  • 基本的に助動詞「つ・ぬ」は完了の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などがくると「強意」の意味となる。

この私は、いつの間に「塩竃」へ来てしまったのでしょうか?潮が穏やかな朝凪の時刻に漁に出る船もこの庭先に寄港する、ということに、きっとなるのでしょうね と詠んだ事情を解き明かすと・・・この老人がかつて東北地方に行ったところ、不思議な魅力を持った場所が多くあった。

  • 良い意味でも悪い意味でも程度がひどい。

  • 「ふ」は奈良時代の助動詞 わたる=動作の継続を表す補助動詞。

  • 「〜だったらよかったのに」と訳す。

すばらしい、ひどい いたう=ク活用の形容詞「甚(いた)し」の連用形が音便化したもの、(良い意味でも悪い意味でも)程度がひどい けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

  • 」となむ男に問ひける。

  • 座っている。

  • 2 「消えなましものを」を品詞分解し、訳す。

「弓」を入れて置く道具で、担いで使う。

  • まだとても若くて、后が普通の身分でいらっしゃった時のこととか。

  • 到底我がものに出来るはずもない女性なのだが、数年来通っては求愛し続けていた相手を、どうにかしてこっそりと彼女の家の外へ連れ出しては、ひどく暗くなってから出て来たのだった。

  • じだんだを踏んで泣いたけれども、どうしようもない。

なお、フリーなのでコピーもパクリも問題ありません。

  • 率(ゐ)=ワ行上一動詞「率(ゐ)る」の連用形。

  • な=強意の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。

  • ・「来し」・・・か行変格活用動詞、未然形「こ し 」と読む。




2021 finnegantherapy.com