アグリード なる せ - アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[後編]

せ アグリード なる 輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

せ アグリード なる 「仙台きなこシリーズ」3月18日新発売!!

せ アグリード なる アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子)

せ アグリード なる アグリードなるせ /

せ アグリード なる アグリードなるせ /

「仙台きなこシリーズ」3月18日新発売!!

せ アグリード なる 農業生産法人 株式会社アグリード

アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[後編]

せ アグリード なる 輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

せ アグリード なる アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子)

せ アグリード なる 農業生産法人 アグリード株式会社

せ アグリード なる 【NOW IS復興インタビュー】アグリードなるせ

輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

しかしながら安部さんは、「なんとかしないと」と、一念発起。

  • 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県東松島市。

  • ニコルさんにサンタさんになってもらって子どもたちにプレゼントを渡すという企画をやったり。

  • パッケージは別となります。

でもやってみなきゃわかんないし、正直なことを言わせてもらえば、生かされた命なんだからとにかくやってみようと。

  • アグリードはこのエリアを網羅した会社だから私が農業関係の担当の副会長として、すべての農業機関を束ねているわけです。

  • アグリードなるせの安部社長(右)と佐々木常務(左) 佐々木和彦(以下、佐々木) 八丸さんたちと一番劇的に関係性が深まったのは、2014年の3月、C. 2003年、馬を活かし、馬に活かされる社会の創造を目指し、80エンタープライズ,Inc. 佐々木 スガノ農機さんは熊本県で除塩作業をしていた時のデータを持ってきた上で、具体的にここでどういうふうにして除塩作業を行うかということをきちっと私たちに提案してくれた。

  • 本実証プロジェクトにかける想い 「超省力・低コスト生産による稲作経営を確立」• 除塩に成功し、その年の秋には米の収穫も果たすという驚異的な復旧を成し遂げる。

また米を作りたい 健 当時は津波をかぶった田畑は数年間は復旧不可能だと言われていたと思うのですが、よく震災の直後にまた米を作ろうと思いましたね。

  • さらに、安全・安心で高品質であり、かつ今求められる農産物を生産するために、 JAや行政と情報を共有し、地域農家の皆さんと連携しながら計画を実行する。

  • 東日本大震災で自社も壊滅的な被害を受けるも、消防団の副分団長として現場で人命救助や行方不明者の捜索などにあたる。

  • あの大震災から丸5年。

その信頼に応える農業をしていきたいです。

  • 新規参入者や若者があこがれる「スマート水田農業」を実現! 挨拶する安部社長(写真右) 安部 これからこの地域振興のためにいろいろとやりたいことがあって国に申請しているのですが、なにぶん新しい団体なのでなかなか認可が降りません。

  • 左から「アグリードなるせ」の佐々木常務、安部社長、「美馬森Japan」の八丸健さん、八丸由紀子さん 八丸健(以下、健) 「アグリードなるせ」さんの安部社長や佐々木常務と初めて出会った日のことはよく覚えています。

  • 農業分野では、農村地域の過疎化や高齢化によって農用地、水路、農道などの協同作業による整備が難しくなっているのですが、そういう共同活動に対して助成する「多面的機能支払交付金」というのが2014年から始まったんですね。

アグリードはこのエリアを網羅した会社だから私が農業関係の担当の副会長として、すべての農業機関を束ねているわけです。

  • その中で八丸さんたちに馬耕を実演してもらったんです。

  • 安部俊郎(以下、安部) 少子高齢化は日本全体の社会課題ですが、特に地方の農村部では深刻な問題です。

  • また、担い手の高齢化などにより労働力が不足している一方で、農業法人への就農者は増加しており、ベテラン社員と遜色ない作業精度の向上が早期に求められている。

八丸健(以下、健) 我々ものびる多面的機能自治会との連携事業として、馬耕実演・馬車運行などいろいろやらせてもらってます。

  • アグリードという言葉にはアグリ 農業 とリード 一歩前進する 、つまり先端を行く農業、という意味合いが込められています。

  • 県内すべての大規模土地利用型経営体でスマート農業技術を導入! お米のシロップ、パエリャ専用米ボンバの在庫はございます。

  • 農業機械を共同で使用し、稲刈りをしようという動きが始まりでした。

ご贈答や内祝い、引き出物など幅広くお使いいただけます。

  • 「味や香り、色つやも良く、いままでにないほどの出来です。

  • アグリードなるせが誕生するまで 農業生産法人アグリードなるせの前身である中下農業生産組合が産声を上げたのは、平成3年のこと。

  • 日本初の団体だと思いますよ。




2021 finnegantherapy.com